So-net無料ブログ作成
検索選択

【プレミア】アーセナルとマンチェスターC は引き分け チェルシーは最下位に敗れてまずい情報 [試合結果]

熾烈な2位争いを繰り広げるアーセナルマンチェスターCの戦い

マンチェスターCは、前節ハットトリックのバロテッリが膝の故障のためジョーが先発

開始2分、アーセナルがチャンスを作ります。
ナスリがドリブルで中央突破、エリアに入ったところで左のウィルシャーにパス
シュート性のグラウンダーのパスをファンベルシーに送りますが
触ればゴールだったのですが、わずかに足が届きませんでした。

4分、ウィルシャーが強烈なミドルシュート。
一度弾きますがキーパーが抑えました。

8分、ファンベルシーがDF2枚相手にステップで間合いを取りシュート。
ポストに弾かれてしまいました。

10分、ゴール前で細かくパスをつなぎナスリが中央突破。
こぼれたボールをウィルシャーがシュートを打ちますが
キーパー正面でした。

徐々にアーセナルがボールをキープする時間が多くなり、
押し込み始めます。

28分、左サイドでナスリが仕掛けファブレガスにパス、
ダイレクトで撃ったシュートはポストに弾かれて右サイドにこぼれ
ウォルコットがシュート。しかし、これもポストに弾かれてしまいます。


38分、ファブレガスのパスに抜け出したウォルコットがクロスを上げて
DFの手に当たりますが、見逃されPKにはならず。

44分、マンチェスターCが久しぶりにチャンスメーク
ヤヤが右サイドを縦に突破し鋭いクロス。
DFに当たってこぼれたところをテベスが右足を振りぬきますが
DFに当たってしまいました。

前半は攻撃するアーセナルに
耐えるマンチェスターCといった展開でした。


後半に入ってマンチェスターCがやや盛り返し
アーセナルもあまりチャンスを作れなくなり、得点が入りません。

先に動いたのはマンチェスターC
63分に全く目立たなかったジョーに代わりアダムジョンソンを投入
アーセナルもウォルコットに代えてアルシャビンを投入。

しかし、膠着状態が続きます。

82分、ウィルシャーを下げ、ベントナーを投入。

89分、揉めたサニャとサパレタが、交錯して倒れた後
頭をつけやり合います。
そしたらお互い赤札で退場。黄色で良かったと思いますが・・・。

91分、テベスに代えて、ボアテング投入。
マンチーニは0-0で終わらせにかかり、そのまま終了。

アーセナルは、
シュートが3本ポストに嫌われるという不運もあり
チャンスを作っていた前半に得点できなかったのが痛かったです。
後半はマンチェスターCが守備で対応してきたので
あまりチャンスも作れず、セリエAのような試合展開でした。

1試合多いですが、マンチェスターCが勝点42で2位をキープ。
アーセナルは勝点40で3位です。

そしてチェルシーが、最下位だったウルバーハンプトンに
まさかの完封負け。
雲行きが怪しくなってきました。
オーナーはいつまで我慢できるのでしょう。


2011-01-06 11:24  nice!(0) 

【プレミア】今晩 アーセナル vs マンチェスターC [試合予定]

アーセナル×マンチェスターC 28:39~ JSportsPlus LIVE放送】

2位争いを繰り広げている アーセナルとマンチェスターCのビックマッチ

アーセナルはファンベルシー、ファブレガスなど怪我人が復帰し、
控えメンバーも豪華になってきました。
ビックマッチに弱いというイメージがありましたが
チェルシーにも完勝し、チームとして成熟してきた感があります。

マンチェスターCは
テベスの移籍騒動が収まったら
アデバヨールとCトゥーレが殴り合うなどピッチ以外の話題を振りまいております。
そしてジェコの獲得も合意済みだとか。
いろいろ騒がれていますが、チームとしては安定していて、失点はプレミア最少の16。
マンチーニ色が良く出ています。

攻撃のアーセナルと守備のマンチェスターC。
楽しみな一戦です


2011-01-05 12:36  nice!(0) 

【プレミア】アーセナル チェルシーを圧倒 [試合結果]

ウインターブレイクで、プレミアしかやっていないので
観ていましたがブログには書いていなかったプレミアの試合を
はじめて書きます。

暫定順位で3位のアーセナル
4位のチェルシーのビックマッチ。

チェルシーは、ここ5試合勝ちなしで危機と言われている状態。
アネルカが怪我でカルーがスタメン。
ランバートも久しぶりのスタメンです。

アーセナルは、ウォルコットが久しぶりのスタメン。
ナスリが左サイドに回りました。
TOPはシャマフではなくファンベルシー、トップ下にセスクという布陣。


序盤から早い展開。
アーセナルが高い位置からプレッシャーをかけ
優位に試合を進めます。

6分、ファンベルシーがうまくDFラインの裏に抜け
浮球のパスを直接シュートに行きますが
空振りしてしまいました。

7分、チェルシーがカウンターを仕掛けます。
ドログバが、少し遠目の位置でDFがいるのも関係なくシュート。
わずかに左に外れてしまいました。

21分、ナスリがいいFKを蹴りますが、チェフが落ち着いてセーブ。

34分、セスクがファンベルシーに縦にパスを入れ
ワンタッチで横のナスリへパスしてワンツーで抜け出してシュート。
これは大きく外れてしまいました。

40分、パス回しからペナルティエリア外の正面でパスをもらったナスリが
絶妙なループシュートを放ちますが
チェフがなんとかはじき出します。

44分、ソングがウィルシャーとのワンツーで
DFラインにに突っ込み、うまくボールがこぼれたところを
蹴り込みアーセナルが先制!


前半は、完全にアーセナルペース。
チェルシーは、エッシェン、ランバードが守備に追われ攻撃に参加できず
ドログバが孤立し、カウンターでしか攻撃できませんでした。
前半でシュート2本。
ここまでチェルシーが何もできない試合展開はなかなか見れません。

うまくいかないチェルシーは
ミケルに代えて、ラミレスを投入。エッシェンを中央に配置します。


51分、ファンベルシーがポストプレーで粘り、エッシェンが弾いたボールが
DFラインの後ろにこぼれてしまい、、ウォルコットがフリーで拾い
チェフが出てきたところをを横のセスクにパスして、セスクが流し込み2-0。

更に53分、センターライン付近でボールを回すチェルシーDFの後ろからウォルコットがボールを奪取。
セスクに渡して、パスandラン。
セスクがうまいパスを受けたウォルコットが右足を振りぬきゴール左隅に決めました。
これで3-0。


57分、セットプレーからチェルシーが一点返します。
ドログバが蹴ったボールにイバノビッチが綺麗に頭で合わせ3-1に。

終盤までお互い攻め合いますが
そのまま試合終了。

ビッククラブには、なかなか勝てなかったアーセナルが
チェルシー相手に完勝しました。

高い位置からプレッシャーをかけ
超短のパスを織り交ぜ、右から左から中央からと
多彩な攻撃を仕掛け、試合を支配して得点も奪いました。
得点を取りに来たチェルシーがラインを押し上げたところを
しっかり追加点を奪って突き放す展開はお見事。

チェルシーは、予想していた以上に重症ですね。
憎たらしい強さは完全に影をひそめています。
ランバードが病み上がりでコンディションが良くないといっても
完全に中盤を支配されてしまいました。
バラック、Jコールの穴を痛感しているではないでしょうか?

ベンゲルが「優勝できる」と試合後に言ったそうですが、
選手たちが自信をつけたはずなので
この試合が飛躍のきっかけになるかもしれません。
しかも怪我人が復帰したら、
アルシャビン、ベントナー、シャマフ、ロシツキー、ディアビというメンバーが
ベンチにいるという層の厚いチームに。

後半戦でのマンチェスターの2チームとの争いが楽しみです。


2010-12-29 00:33  nice!(0) 

ドルトムント 香川は先制弾もドローでグループリーグ敗退 [試合結果]

アウェーで勝たないと突破できないドルトムントと
ホームで引き分けでも突破できるセビージャの戦い。

不利な立場で試合に挑むドルトムントが試合開始から激しくプレッシングをかけます。
そして奪ったら素早く前に展開という形を何度かつくり
4分、左サイドから中央のバリオスにクロスが入り
こぼれたボールをペナルティエリアの少し外にいた香川が拾い
冷静にゴール右隅に流し込み、ドルトムントが先制しました。

これで試合展開が面白くなります。

その後もドルトムントがハイプレッシャーをかけ試合を優位に進めますが
慣れてきたセビージャが盛り返しチャンスを何度か作りますが
枠に飛んできたシュートをGKヴァイデンフェラーがナイスセーブを連発し得点を許しません。

その後試合は、落ち着き膠着状態に。
ドルトムントは、パスが繋がらずいつものような試合運びができません。

30分、セビージャが右サイドからカヌーテが仕掛けクロス
Lファビアーノが競ってこぼれたボールを
走り込んだロマリクが蹴り込み同点。

左サイドからペロッティがクロス
DFは揃っていましたがカヌーテの頭が一つ上に出て
ゴール右隅に流し込みました。
これでセビージャがしっかり守備固めて
落ち着いて試合を運び始めます。

後半に入ってもセビージャの巧い守備にボールが繋がらないドルトムント。
流れの中でチャンスを作れません。

しかし50分、CKからスボティッチがヘディングできめ同点に追い付きます。

あと1点で突破という状況になりますが
セビージャが守備でしっかり対応し
ほとんどチャンスを作らせずに試合終了。


セビージャが死のグループを突破し
決勝トーナメントに進出決定しました。

ドルトムントは、これでブンデスリーガに専念することになりました。
来季のチャンピオンズリーグまで欧州での戦いはお預けです。


2010-12-16 11:44  nice!(0) 

UEFAヨーロッパリーグ ドルトムント グループリーグ突破を賭けセビージャと対戦 [試合予定]

CLのグループリーグで3位になった8チームを加え行われる
UEFAヨーロッパリーグの決勝トーナメント。
進出を目指して行われるグループリーグ最終節。

【12/15(水)28:55~スカパー セビージャ×ドルトムント】

注目は何と言ってもセビージャvsドルトムント。
香川の活躍もあり日本でも注目度が高いドルトムントは
ブンデスリーガでぶっちぎりの独走首位ですが
ヨーロッパリーグのグループリーグでは、現在3位。
アウェーでの戦いに勝たないと突破できません。

9月に行われたホームでの戦いでは
圧倒的にボールとゲームを支配していましたが
守り切られカウンターをくらい0-1で敗れてしまいました。

ですが、あのセビージャにほとんどボールを触らせないで
押し込んだ試合内容は悲観する内容ではありません。

セビージャは今シーズンは調子がいい訳ではないので
是非とも勝って進出してほしいですね!


2010-12-13 23:39  nice!(1) 

インテル 最下位ブレーメンにケチョンケチョン・・・ いい訳だらけのベニテスは解任か?!後任にレオナルド? [試合結果]

ホームのブレーメンは、ほぼベストメンバーなのに対して

インテルは、ほぼBチーム。
センターバックは、コルドバとカンビアッソ。
左サイドバックにビラーギ
右MFにサントン
CMFにオビオラと10代の選手が3人スタメン
まあメンバーを見て、こりゃ勝てないなと思いましたが
それにしても酷い内容でした。
いいところ全くなしの3失点。
ベニテスの試合後のインタビューもいい訳だらけ。
ダメだこりゃ状態です。

噂で、既に解任が決まっているなんて話も・・・
そして後任にレオナルドなんて話も・・・

バルサは、ほぼBチームで圧勝しているので
チーム力の差を感じますね。


2010-12-09 00:40  nice!(0) 

いよいよ UEFAチャンピオンズリーグ グループリーグ最終節!残りの4チームはどこだ? [試合予定]

今週は UEFAチャンピオンズリーグのグループリーグ最終節
残る枠は4つ。果たして決勝トーナメントに進むチームは?!

◎:グループリーグ突破順位確定
○:グループリーグ突破
△:突破可能性あり
()内:突破した際の可能性のある最終順位

【グループA】
既にトットナムとインテルが勝ち抜けを決めているが
勝ち点で並んでいるため最終節で1位、2位が決まります。

○トットナム(1位or2位)
○インテル(1位or2位)

【グループB】
シャルケとリヨンが突破を決めており、最終節で1位、2位が決まります。

○ FCシャルケ04(1位or2位)
○オリンピック・リヨン(1位or2位)

【グループC】
マンUとバレンシアが突破を決めており、完全な消化試合。

○マンチェスター・ユナイテッドFC(1位or2位)
○バレンシア(1位or2位)

【グループD】
バルセロナが突破を決めています。
勝ち点7の2位FCコペンハーゲンは、最下位パナシナイコスFCとの対戦。
勝ち点6の3位 FCルビン・カザニは、バルサとの対戦。
コペンハーゲンがかなり優位です。

◎バルセロナ(1位)
△コペンハーゲン(2位)
△ルビン・カザニ(2位)


【グループE】
バイエルンが突破を決めています。
勝ち点9の2位ローマは、最下位CFR 1907クルージュとの対戦。
引き分け以上で突破が決まります。
勝ち点6の3位FCバーゼルは、バイエルンに勝って、
ローマが負けるのを祈らないといけない状況。
直接対決は1勝1敗なので得失点差も気にしないといけません。

○バイエルン(1位or2位)
△ローマ(1位or2位)
△バーゼル(2位)


【グループF】
チェルシーが楽々首位突破、マルセイユも直接対決の関係で
3位のスパルタク・モスクワに勝ち点で並ばれるかもしれませんが
突破を決めています。

◎チェルシー(1位)
◎マルセイユ(2位)


【グループG】
レアル・マドリーとACミランの突破、順位も決まり、完全な消化試合。

◎レアル・マドリー(1位)
◎ACミラン(2位)


【グループH】
3チームが勝ち点12で並ぶ可能性がある大混戦のグループH
もし勝ち点12で3チームが並んだら
対戦成績がすべて1勝1敗になるので得失点差で決まります。

勝ち点12で首位のシャフタール・ドネツクは、勝ち点9で3位のブラガとの対戦。
シャフタール・ドネツクは、引き分け以上で突破決定
ブラガは勝っても、4点差以上で勝つことが条件に。

勝ち点9で2位のアーセナルはホームで最下位FKパルチザンと対戦。
パルチザンは明らかに格下のチーム。大量得点での勝利が見込めるので
勝てば突破が決まるアーセナルは大丈夫かなと。

△シャフタール・ドネツク(1位or2位)
△アーセナル(1位or2位)
△ブラガ(1位or2位)

LIVE放送予定】
12/7(火)28:30~ スカチャン
・ベンフィカ×シャルケ
・バルセロナ×ルビン
・ブレーメン×インテル
・マンチェスターU×バレンシア
・トウェンテ×トッテナム

12/8(水)28:30~ スカチャン
・レアルマドリード×オセール
・ミラン×アヤックス
・ CFRクルージュ×ローマ
・ マルセイユ×チェルシー
・ バイエルン×バーゼル

12/8(水)28:30~ J SPORTS Plus
・アーセナル×パルティザン


7日は、バルサの華麗なパスワークを
8日は、ドキドキのアーセナル戦を見ようと思います。


2010-12-06 21:35  nice!(0) 

香川先制点!ドルトムント快勝 グループリーグ突破は最終節のセビージャとの直接対決で [試合結果]

勝てないと敗退がほぼ決まってしまうドルトムント。
最下位のカパルティとの対戦なので得失点差の事も考えると
大量得点での勝利が欲しいところ

バリオスが怪我で1トップにレバンドフスキが入ります。

ピッチは、-7℃で雪が少し残って白いところがある厳しい環境でのキックオフ
しかし熱いサポーター上半身裸で唄っています・・・

開始早々ドルトムントがチャンスを作ります、
自陣で奪ったボールを香川がワンタッチでラインの裏へ
レバンドフスキがシュートを放ちますが枠を捉えられませんでした。

その後もドルトムントが押し込み続けます。

そして開始4分。
CKのこぼれたところをシャヒンがクロス。
これを香川が頭で合わせ先制。

そのあとは、カパルティが主導権を握り押し込む時間帯が
5分ほど続きますがシュートまではいけません。

12分、ドルトムントが波状攻撃を仕掛けます。
何本もシュートを放ち、
最後はゴール前でレバンドフスキがフリーでシュートを放ちますが
右に外してしまいました。

そのあとは膠着状態で、お互いなかなかチャンスを作り出せません。

37分、キーパーからの一本のパスに
DFのミスでグロスクロイツが抜け出して
飛び出したキーパーをループシュートで頭を越しますが
わずかに右に外れてしまいました。

前半は、そのまま終了

48分、右サイドからシャヒンのFKをフンメルスが頭で合わせてゴール。
これで2-0.
よく見るとDFのオウンゴールですね。
これでドルトムントは楽になりました。

51分、カパルティがチャンスを迎えます。
44番が抜け出すもキーパーが飛び出してセーブ。
PK?と思う際どいセーブでした。


56分、香川が3人相手にドリブルで持ち込んで左足のシュート。
DFに当たってCKへ。
そのCKをレバンドフスキが頭で綺麗に合わせますが
右へそれてしまいました。

66分、香川OUT、ジダンIN

88分、レバンドフスキがやっと決めます。
オフサイドを見逃してもらい、
DF2人を交わして左足で落ち着いて決めました。


そのまま試合終了

パリサンジェルマンが、セビージャに勝ったので突破を決め、
もう1チームは、次節でセビージャとドルトムントの結果次第になります。

セビージャは、引き分け以上で突破決定
ドルトムントは、勝たないと突破できません。


あと、ドルトムントは去年までの攻撃の核ジダンが復帰です。
今後、香川との関係はどうなるんでしょう。
気になるところです。


2010-12-03 10:18  nice!(0) 

EL第5節(12/1-2) ドルトムントは絶対に勝たないといけない試合 [試合予定]

前節で既に本田のいるCSKAモスクワなど5チームが
決勝トーナメント進出を決めています。
LIVE放送は4カード。

12/2(木)26:50~ LIVE UEL 第5節 ドルトムント×カルパティ スカパー
ブンデスリーガで絶好調のドルトムント。
UELでは取りこぼしが多く、現在1勝2分1負で勝ち点5と3位です。
今回はホームでSKカルパティ・リヴィウとの対戦。
得失点差でも不利なので大量得点での勝利が欲しいところ。
最終節はアウェーでセビージャとの対戦なので
ここで取りこぼすと突破はなくなります。

12/2(木)26:50~ LIVE UEL 第5節 パリサンジェルマン×セビージャ スカパー
ドルトムントと同組の1位2位対決。
セビージャは勝てば首位での突破が決定。
パリサンジェルマンも勝てば、突破がきまります。
最終節にカルパティを残しているパリサンジェルマンの方が
気持ち的には有利か?

12/2(木)26:50~ LIVE UEL 第5節 CSKAモスクワ×ローザンヌ スカパー
既に突破を決めているCSKAモスクワ
週末の試合は-15度の雪の中という凄い環境での試合でしたが
12/2はどうでしょう?
怪我しないように主力はお休みかもしれませんね

12/2(木)26:50~ LIVE UEL 第5節 ステアウアブカレスト×リバプール スカパー
リバプールも勝てば首位突破が決まります。
最悪のシーズンスタートから少し持ち直してきているリバプール
スカッと勝ちたい相手ですね



個人的には
未だ勝ち星なしでA組3位に低迷しているユベントスと
今大会最大のサプライズであるA組1位のKKSレフ・ポズナニとの試合
を放送してほしかった・・・



2010-11-29 22:33  nice!(0) 

インテル 久々の完勝!これでちょっと落ち着く? [試合結果]

ベニテス解任報道で大騒ぎだったインテル
今日はフォーメーションを4-4-2に変えてきました。
しか2トップにパンデフとスナイデル
両サイドに右ビアビアニーと左エトー。
そしてDFラインはアラフォー組の
サネッティ、マテ兄貴、ルシオ、コルドバ。

この試合は序盤からインテルが攻勢にでます。
開始早々に右サイドをビアビアニーが突破し早いクロス。
これにスナイデルが飛び込んで合わせますが
わずかに右にそれてしまいました。

そのあともボール支配率はほぼ互角ですが
インテルがゲームを支配し
シュートを面白いように打っていきます。

30分、やっとトウェンテにもチャンス到来。
ヤンセンが強烈なミドルシュートを放つもカステラッツィが奇跡的にキャッチ
その直後にもシャドリが左サイドを突破しキーパーの上を越すシュートは右へ外してしまいました。

そのあとは、もうインテルがずっと支配。
ドンドンシュートを放ちますがなかなか決められません。

後半に入っても同じような状況。

55分、やっとインテルが先制点を奪います。
スナイデルの放ったFKが壁に当たって、さらにDFに当たり
ゴール前のカンビアッソのもとに転がります。
これをカンビアッソが蹴り込みました。

その後も次々とチャンスを作り出し、シュートを放つインテルでしたが
追加点を奪えず試合終了。

内容的には3-1くらいの試合でした。


思い切って布陣を変えたインテルが
久々に安定した試合をしました。
両サイド個人で打開できる2人を配置し、サイドからうまく攻めていました。
ちなみにインテルのシュートは22本。うち枠内11本。
ここ数週間ではなかったシュート数です。
これで少し落ち着くことができるのではないでしょうか?
今季のインテルのベスト3に入るような試合だったと思います。


2010-11-26 01:33  nice!(0) 



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。