So-net無料ブログ作成
検索選択

バルサ メッシの2発で快勝も 感想は「むねくそ悪っ」 [試合結果]

バルサファンでも

Rマドリードファンでもありません。

ただ純粋に世界最高峰のチーム同士の対決を楽しみたくて観戦した

CL準決勝で、クラシコ4連戦の3試合目。


バルサがボールを回すも、慣れたRマドリードがしっかり対応し

お互いにチャンスを作らせない緊迫したゲームが続きました。

そのバランスが崩れたのは

61分のペペのレッドカード。

ダニエウ・アウベスへ足の裏を見せたタックルだったのですが

厳しすぎる判定。

モウリーニョも抗議で退席処分になってしまいました。

その後、数的優位になったバルセロナが、メッシの2得点で勝利。


しか~し、試合後の感想は期待していたものではなく

「むねくそ悪っ」というものでした。


その原因は、レッドカードを出した審判へのものがちょっと。

残りは、バルサの2選手へのもの。


1人目は、ペドロ。

ハードワークするいい選手ですが、前半からカードを出させるために

ボールのないところで、自分からDFに突っ込みぶっ倒れて、大げさに痛がることを

繰り返し行っていた。


2人目は、ブスケツ。

マルセロの手が顔に入ったと大袈裟にぶっ倒れてアピール。

去年もインテル戦でやって成功したので、今回もやりました。(今年は失敗)



世界最高のチームとして称されているバルセロナ。

そんな姑息な手を使わなくても、勝てると思うんですけど・・・。


大袈裟にアピールするのは常套手段ですが

警告を出させるために自作自演する姿は、非常に見苦しい。


決勝は、マンUを応援しよう。


2011-04-28 15:43  nice!(0) 

nice! 0



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。