So-net無料ブログ作成

トッテナム守りぬき8強! またもやイブラヒモビッチはCLでは輝けず [試合結果]

アウェーでの1stレグを0-1でものにしていたトッテナムは、
引き分けでも突破なのでしっかり守備をして、カウンター戦術。

勝たないと突破できないミランは、
ボランチにセードルフを配置する攻撃型布陣。
ただし結果が出ているカッサーノとファンボメルは前チームでの出場があるので出られません。

序盤は、お互い攻め合うオープンな戦いでしたが
次第にトッテナムが危険を冒さないようになり
DFラインも下がり、ミランがボールを支配して
トッテナム陣内で試合が進められました。

ミランは、ロビーニョ、パトが中心になり何度か
チャンスメークしますが
ギャラスのゴールライン上でのクリアとか
ゴメスの好セーブがあり決めれません。

後半に入って更に展開は一方的にミランがボールを保持します。
トッテナムが完全に守り切るために
DFラインを下げ、ガチガチに守る体制に。

で、そのままトッテナムが守り切り試合終了。

ミランは、やはりイブラヒモビッチが何もさせてもらえませんでした。
CLの決勝トーナメントレベルの試合になると、輝けない選手。
と言われてもしかたありません。
ロビーニョ、パトの方が効果的でした。
カッサーノを加えた来シーズンに期待ということで。

トッテナムは、
攻撃はシンプルにクラウチに当てて、落としたところに飛びこむという
シンプルだけど効率のいい攻めだけをして
後はしっかり守るというプラン通りに守り切りました。
ベイルも怪我から帰ってきたのでどこまでいけるか楽しみですね。


2011-03-10 22:37  nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。