So-net無料ブログ作成
検索選択

【プレミア】アーセナルとマンチェスターC は引き分け チェルシーは最下位に敗れてまずい情報 [試合結果]

熾烈な2位争いを繰り広げるアーセナルマンチェスターCの戦い

マンチェスターCは、前節ハットトリックのバロテッリが膝の故障のためジョーが先発

開始2分、アーセナルがチャンスを作ります。
ナスリがドリブルで中央突破、エリアに入ったところで左のウィルシャーにパス
シュート性のグラウンダーのパスをファンベルシーに送りますが
触ればゴールだったのですが、わずかに足が届きませんでした。

4分、ウィルシャーが強烈なミドルシュート。
一度弾きますがキーパーが抑えました。

8分、ファンベルシーがDF2枚相手にステップで間合いを取りシュート。
ポストに弾かれてしまいました。

10分、ゴール前で細かくパスをつなぎナスリが中央突破。
こぼれたボールをウィルシャーがシュートを打ちますが
キーパー正面でした。

徐々にアーセナルがボールをキープする時間が多くなり、
押し込み始めます。

28分、左サイドでナスリが仕掛けファブレガスにパス、
ダイレクトで撃ったシュートはポストに弾かれて右サイドにこぼれ
ウォルコットがシュート。しかし、これもポストに弾かれてしまいます。


38分、ファブレガスのパスに抜け出したウォルコットがクロスを上げて
DFの手に当たりますが、見逃されPKにはならず。

44分、マンチェスターCが久しぶりにチャンスメーク
ヤヤが右サイドを縦に突破し鋭いクロス。
DFに当たってこぼれたところをテベスが右足を振りぬきますが
DFに当たってしまいました。

前半は攻撃するアーセナルに
耐えるマンチェスターCといった展開でした。


後半に入ってマンチェスターCがやや盛り返し
アーセナルもあまりチャンスを作れなくなり、得点が入りません。

先に動いたのはマンチェスターC
63分に全く目立たなかったジョーに代わりアダムジョンソンを投入
アーセナルもウォルコットに代えてアルシャビンを投入。

しかし、膠着状態が続きます。

82分、ウィルシャーを下げ、ベントナーを投入。

89分、揉めたサニャとサパレタが、交錯して倒れた後
頭をつけやり合います。
そしたらお互い赤札で退場。黄色で良かったと思いますが・・・。

91分、テベスに代えて、ボアテング投入。
マンチーニは0-0で終わらせにかかり、そのまま終了。

アーセナルは、
シュートが3本ポストに嫌われるという不運もあり
チャンスを作っていた前半に得点できなかったのが痛かったです。
後半はマンチェスターCが守備で対応してきたので
あまりチャンスも作れず、セリエAのような試合展開でした。

1試合多いですが、マンチェスターCが勝点42で2位をキープ。
アーセナルは勝点40で3位です。

そしてチェルシーが、最下位だったウルバーハンプトンに
まさかの完封負け。
雲行きが怪しくなってきました。
オーナーはいつまで我慢できるのでしょう。


2011-01-06 11:24  nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。