So-net無料ブログ作成
検索選択

【プレミア】アーセナル チェルシーを圧倒 [試合結果]

ウインターブレイクで、プレミアしかやっていないので
観ていましたがブログには書いていなかったプレミアの試合を
はじめて書きます。

暫定順位で3位のアーセナル
4位のチェルシーのビックマッチ。

チェルシーは、ここ5試合勝ちなしで危機と言われている状態。
アネルカが怪我でカルーがスタメン。
ランバートも久しぶりのスタメンです。

アーセナルは、ウォルコットが久しぶりのスタメン。
ナスリが左サイドに回りました。
TOPはシャマフではなくファンベルシー、トップ下にセスクという布陣。


序盤から早い展開。
アーセナルが高い位置からプレッシャーをかけ
優位に試合を進めます。

6分、ファンベルシーがうまくDFラインの裏に抜け
浮球のパスを直接シュートに行きますが
空振りしてしまいました。

7分、チェルシーがカウンターを仕掛けます。
ドログバが、少し遠目の位置でDFがいるのも関係なくシュート。
わずかに左に外れてしまいました。

21分、ナスリがいいFKを蹴りますが、チェフが落ち着いてセーブ。

34分、セスクがファンベルシーに縦にパスを入れ
ワンタッチで横のナスリへパスしてワンツーで抜け出してシュート。
これは大きく外れてしまいました。

40分、パス回しからペナルティエリア外の正面でパスをもらったナスリが
絶妙なループシュートを放ちますが
チェフがなんとかはじき出します。

44分、ソングがウィルシャーとのワンツーで
DFラインにに突っ込み、うまくボールがこぼれたところを
蹴り込みアーセナルが先制!


前半は、完全にアーセナルペース。
チェルシーは、エッシェン、ランバードが守備に追われ攻撃に参加できず
ドログバが孤立し、カウンターでしか攻撃できませんでした。
前半でシュート2本。
ここまでチェルシーが何もできない試合展開はなかなか見れません。

うまくいかないチェルシーは
ミケルに代えて、ラミレスを投入。エッシェンを中央に配置します。


51分、ファンベルシーがポストプレーで粘り、エッシェンが弾いたボールが
DFラインの後ろにこぼれてしまい、、ウォルコットがフリーで拾い
チェフが出てきたところをを横のセスクにパスして、セスクが流し込み2-0。

更に53分、センターライン付近でボールを回すチェルシーDFの後ろからウォルコットがボールを奪取。
セスクに渡して、パスandラン。
セスクがうまいパスを受けたウォルコットが右足を振りぬきゴール左隅に決めました。
これで3-0。


57分、セットプレーからチェルシーが一点返します。
ドログバが蹴ったボールにイバノビッチが綺麗に頭で合わせ3-1に。

終盤までお互い攻め合いますが
そのまま試合終了。

ビッククラブには、なかなか勝てなかったアーセナルが
チェルシー相手に完勝しました。

高い位置からプレッシャーをかけ
超短のパスを織り交ぜ、右から左から中央からと
多彩な攻撃を仕掛け、試合を支配して得点も奪いました。
得点を取りに来たチェルシーがラインを押し上げたところを
しっかり追加点を奪って突き放す展開はお見事。

チェルシーは、予想していた以上に重症ですね。
憎たらしい強さは完全に影をひそめています。
ランバードが病み上がりでコンディションが良くないといっても
完全に中盤を支配されてしまいました。
バラック、Jコールの穴を痛感しているではないでしょうか?

ベンゲルが「優勝できる」と試合後に言ったそうですが、
選手たちが自信をつけたはずなので
この試合が飛躍のきっかけになるかもしれません。
しかも怪我人が復帰したら、
アルシャビン、ベントナー、シャマフ、ロシツキー、ディアビというメンバーが
ベンチにいるという層の厚いチームに。

後半戦でのマンチェスターの2チームとの争いが楽しみです。


2010-12-29 00:33  nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。