So-net無料ブログ作成
検索選択

香川先制点!ドルトムント快勝 グループリーグ突破は最終節のセビージャとの直接対決で [試合結果]

勝てないと敗退がほぼ決まってしまうドルトムント。
最下位のカパルティとの対戦なので得失点差の事も考えると
大量得点での勝利が欲しいところ

バリオスが怪我で1トップにレバンドフスキが入ります。

ピッチは、-7℃で雪が少し残って白いところがある厳しい環境でのキックオフ
しかし熱いサポーター上半身裸で唄っています・・・

開始早々ドルトムントがチャンスを作ります、
自陣で奪ったボールを香川がワンタッチでラインの裏へ
レバンドフスキがシュートを放ちますが枠を捉えられませんでした。

その後もドルトムントが押し込み続けます。

そして開始4分。
CKのこぼれたところをシャヒンがクロス。
これを香川が頭で合わせ先制。

そのあとは、カパルティが主導権を握り押し込む時間帯が
5分ほど続きますがシュートまではいけません。

12分、ドルトムントが波状攻撃を仕掛けます。
何本もシュートを放ち、
最後はゴール前でレバンドフスキがフリーでシュートを放ちますが
右に外してしまいました。

そのあとは膠着状態で、お互いなかなかチャンスを作り出せません。

37分、キーパーからの一本のパスに
DFのミスでグロスクロイツが抜け出して
飛び出したキーパーをループシュートで頭を越しますが
わずかに右に外れてしまいました。

前半は、そのまま終了

48分、右サイドからシャヒンのFKをフンメルスが頭で合わせてゴール。
これで2-0.
よく見るとDFのオウンゴールですね。
これでドルトムントは楽になりました。

51分、カパルティがチャンスを迎えます。
44番が抜け出すもキーパーが飛び出してセーブ。
PK?と思う際どいセーブでした。


56分、香川が3人相手にドリブルで持ち込んで左足のシュート。
DFに当たってCKへ。
そのCKをレバンドフスキが頭で綺麗に合わせますが
右へそれてしまいました。

66分、香川OUT、ジダンIN

88分、レバンドフスキがやっと決めます。
オフサイドを見逃してもらい、
DF2人を交わして左足で落ち着いて決めました。


そのまま試合終了

パリサンジェルマンが、セビージャに勝ったので突破を決め、
もう1チームは、次節でセビージャとドルトムントの結果次第になります。

セビージャは、引き分け以上で突破決定
ドルトムントは、勝たないと突破できません。


あと、ドルトムントは去年までの攻撃の核ジダンが復帰です。
今後、香川との関係はどうなるんでしょう。
気になるところです。


2010-12-03 10:18  nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。