So-net無料ブログ作成

インテル 久々の完勝!これでちょっと落ち着く? [試合結果]

ベニテス解任報道で大騒ぎだったインテル。
今日はフォーメーションを4-4-2に変えてきました。
しか2トップにパンデフとスナイデル
両サイドに右ビアビアニーと左エトー。
そしてDFラインはアラフォー組の
サネッティ、マテ兄貴、ルシオ、コルドバ。

この試合は序盤からインテルが攻勢にでます。
開始早々に右サイドをビアビアニーが突破し早いクロス。
これにスナイデルが飛び込んで合わせますが
わずかに右にそれてしまいました。

そのあともボール支配率はほぼ互角ですが
インテルがゲームを支配し
シュートを面白いように打っていきます。

30分、やっとトウェンテにもチャンス到来。
ヤンセンが強烈なミドルシュートを放つもカステラッツィが奇跡的にキャッチ。
その直後にもシャドリが左サイドを突破しキーパーの上を越すシュートは右へ外してしまいました。

そのあとは、もうインテルがずっと支配。
ドンドンシュートを放ちますがなかなか決められません。

後半に入っても同じような状況。

55分、やっとインテルが先制点を奪います。
スナイデルの放ったFKが壁に当たって、さらにDFに当たり
ゴール前のカンビアッソのもとに転がります。
これをカンビアッソが蹴り込みました。

その後も次々とチャンスを作り出し、シュートを放つインテルでしたが
追加点を奪えず試合終了。

内容的には3-1くらいの試合でした。


思い切って布陣を変えたインテルが
久々に安定した試合をしました。
両サイド個人で打開できる2人を配置し、サイドからうまく攻めていました。
ちなみにインテルのシュートは22本。うち枠内11本。
ここ数週間ではなかったシュート数です。
これで少し落ち着くことができるのではないでしょうか?
今季のインテルのベスト3に入るような試合だったと思います。


2010-11-26 01:33  nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。